エデュケーションプロジェクト

最新情報

冬休み体験の日2017

大人も子どもも、学ぶことが発見につながる!そんな1日を創出するため夏休み冬休みの長期休暇を利用したこの企画も10回目を迎えました。
今回もできるだけ本格的で学び多き内容を低講師の皆様に御協力いただき実現することができました。 たくさんのご参加お待ちしております。

開催日 2017年12月24日(日)
会場 町家ギャラリーbe京都
主催 be京都エデュケーションプロジェクト
内容 ◎ステンドグラス教室
◎ガラスを焼いて作ろう!時計や小物
◎お正月のフラワーアレンジメント教室
◎ヨガインストラクターが教える!たいそう教室
◎ミニ織り機で「はたおり体験」教室
その他 低学年は要保護者同伴。先着順でお申込み。予約優先。当日空きがあれば参加可。

こどもいけばな教室

「伝統行事といけばな」

be京都は、文化・芸術・活動を通じてこどもたちの表現する力を育みます。

京都ならでは伝統行事(祭、節句など)とかかわりのある嵯峨御流のいけばなを、季節ごとに楽しんでいただくいけばな教室です。
10月から2月まで全6回、テーマに沿って実施。季節の行事やお祭りの話、趣のある京町家で開催することで和のマナーも身に付きます。

開催スケジュール 10/29(日) 収穫祭/実物、枝もの。
11/12(日) もみじ祭/紅葉
12/10(日) クリスマス/クリスマスカラーのお花
12/27(水) お正月/迎春花
2018年
1/28(日) 梅花祭/梅
2/25(日) 桃の節句/桃
参加費 全6回 5000円(花材・花器・保険代込)
欠席される場合や途中参加はご相談ください。
講師 華道嵯峨御流 教授 石川利佳甫
持ち物 花ばさみ(なければ工作ばさみ、キッチンばさみ)、タオル、筆記用具、持ち帰り袋
対象 小学生~高校生※低学年は保護者同伴
親子で参加も可です。是非一緒に学びましょう。
募集定員 15名様前後
申込方法 ①参加される方のお名前 ②学年(年齢) ③ご連絡先をお知らせください。
こちらからの確認を持って受付完了とさせていただきます。
お申込み期日 開催3日前まで。先着順受付。
場所・連絡先 町家ギャラリーbe京都
  京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町429‐1
TEL075-417-1315 メールinfo@be-kyoto.jp
http://www.be-kyoto.jp
主催 be京都エデュケーションプロジェクト
採択 子どもゆめ基金(読書感想画コンサート&京の五節句いけばな教室)
(ご要望があれば、端午の節句(花菖蒲)、紫陽花花祭(紫陽花)、七夕・祇園祭(笹、檜扇)、納涼・大文字送り火(秋草)、重陽の節句・月見(菊、すすき))などを引き続き検討中)

読書感想画展とコンサート

photo

絵画作品募集案内(幼児~高校生対象)
クリスマスの本を絵にして出品しよう! 全作品をギャラリー展示+朗読ピアノコンサートも同時開催

言葉からうまれるイメージを絵で表現することにより、子どもたちの読書力、想像力を養うこと、読書がもっと好きになることを願い開催します。この度子どもゆめ基金に採択いただき、開催が実現する運びとなりました。
募集テーマは「クリスマス」。
美しい情景や、心動かされたことを絵にしてみましょう!ご出品お待ちしております。

募集期間:2017年11月1日~12月15日(金)
  作品展示:2017年12月23日(土・祝)10:00~17:00
コンサート:2017年12月23日(土・祝)15:30~16:30

概要 テーマにもとづいたオリジナル感想画を募集し展示。学びをテーマに活動するbe京都エデュケーションプロジェクトが主催。
子どもたちの読書活動の普及、想像力、表現力を養うことを目的に開催。
特徴 初企画となる今回は、作品募集及び展示に留まらず、ピアノコンサートも開催。
趣ある町家ギャラリーを会場に、みなさんの作品にあう音楽をピアニスト植村照さんがアレンジ。
司会はナレーター梅村みずほさん。作品講評はギャラリーオーナー内山純一先生。
子どもたちを巻き込んで会場を盛り上げてくれます!
作品テーマ 「クリスマス」 
テーマにそっていれば推薦図書以外の本でも構いません。
推薦図書:もみの木のねがい、サンタクロースっているのでしょうか?、くるみわり人形とねずみの王様、魔法の庭のハーブレッスン-ハーブいっぱいのクリスマス
日程 募集期間:2017年11月1日~12月15日(金)
  作品展示:2017年12月23日(土・祝)10:00~17:00
コンサート:2017年12月23日(土・祝)15:30~16:30
募集要項 作品サイズ A4~四つ切以内
画材、用紙:不問(ケント紙、画用紙、和紙などいずれも可)
ジャンル:不問(水彩、色鉛筆、貼り絵、ちぎり絵、版画なども可)
出品料 無料
作品提出方法 応募用紙に必要事項を記入し、作品の裏にはりつけ、郵送またはご持参ください。
 おひとりにつき、2点まで応募できます。

応募用紙
搬出方法 作品返却希望の方はコンサート終了後、会場にてご返却またはコンサートに参加できない場合は着払いにて受けまわっております。
作品について 未発表に限りません。気に入ったところや印象にのこった表現を絵で描いてみましょう。いくつか下絵をして、どんな紙に、どんな画材で表現すると良いか色々考えて、色や構図を考えてみましょう。

■ 推薦図書紹介

もみの木のねがい(再話: エステル・ブライヤー ジャニィ・ニコル)

もみの木は、自分のチクチクした葉が大嫌い。ほかの木のように素敵な葉っぱが欲しいと思っていると、妖精が現れて、願いを叶えてくれると言います。喜んだもみの木は、柔らかい葉に変えてもらいますが、すぐにヤギに全部食べられてしまいました。もみの木は次に、綺麗な音のする銀色の葉っぱに変えてもらいますが、今度は子どもたちがやってきて……。心温まる英国のクリスマス絵本です。コンサート時朗読予定図書。

サンタクロースっているのでしょうか?(作:ニューヨーク・サン新聞「社説」)

誰もが一回は持つ疑問…一人の少女の疑問にアメリカの新聞、ニューヨーク・サンの社説で目に見えないもの、心の大切さを語りかけた100年前の実話です。
目には見えなくても、思いやりや愛情、夢やロマンといったものを持つことの素晴らしさ、大切さを一人の新聞記者が小さな少女にちゃんと向き合って答えるお話で、何度読み返しても涙が出てしまう素敵な絵本です。

くるみわり人形とねずみの王様(原作:ホフマン)

1816年にドイツのE.T.A.ホフマンによって発表された物語。クリスマス・イヴに贈られたくるみ割り人形。その導きで、少女マリーは不思議の国の扉を開ける…。"現実"と"幻想"が重なりあい、幻想的で謎めいた記述にとんだお話で宮崎駿監督も「これは"メルヘンのたからもの"だ」とひらめき、「クルミわり人形」の不思議な魅力を子どもたちに伝える展示を企画したほど。自由な想像力を是非絵にしてみてください。この童話を原作としたバレエ「くるみ割り人形」も、チャイコフスキー作曲のその音楽とともに有名です。

魔法の庭のハーブレッスン-ハーブいっぱいのクリスマス(著:あんびるやすこ) 

ふつうの人間の女の子、ジャレットが、あるときハーブ魔女トパーズの遺産を相続しました。魔法をつかうことのできないジャレットですが、心をこめてハーブを育て、ハーブの薬をつくっていこうと決心(けっしん)しました。 こうしてジャレットは、「ハーブの薬屋さん」として村でくらしながら、さまざまな人や動物たちと出会っていくことになったのです。ハーブを使ったクリスマスの楽しみ方を紹介する本。

■ Q&A

どうやって描いたらいいかわかりません

まずはよく読んでみましょう。連想されることをメモにしたり調べてみましょう。
もっとも印象に残った場面や気持ちを絵にしてみましょう。

マンガやアニメを真似してもいいですか?

絵画には習作という大切な文化もあります。読んだ本から連想されたものが以前どこかで見たマンガやアニメでしたらそれも大丈夫です。ただし、それらを参考に自分なりにアレンジを加えてみるとよい勉強になります。

コンサートの参加は必須ですか?

ピアノコンサートは今回のために特別にプログラムされたものです。子どもたちの創造力、表現力をたかめる非常にすばらしい時間になることと思いますので、是非ご出席の程お願い致します。ご家族の方の御出席も歓迎いたします。

応募票形式 参考表 http://www.dokusyokansoubun.jp/kansouga/download/oubohyo2016_a.pdf
申込用紙 氏名
学年・年齢
学校名
住所
℡番号
メールアドレス
コンサートへの出席(□出席 □欠席)
作品返却 要/不要

以下は作品と合わせて展示致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感想画のタイトル
選んだ本の名前
作品へのコメント(感想)

氏名
学年・年齢
主催・お問合せ be京都エデュケーションプロジェクト
TEL075-417-1315 メールinfo@be-kyoto.jp
助成 子どもゆめ基金(事業名 読書感想画コンサート&京の五節句いけばな教室)
子どもゆめ基金ロゴhttp://yumekikin.niye.go.jp/download/ ダウンロードお願いします!
コンサート会場・作品送付先 町家ギャラリーbe京都
〒602-0064京都市上京区新町通上立売り上る安楽小路町429-1
電話:075-417-1315
メール:info@be-kyoto.jp
HP:http://www.be-kyoto.jp
マップ:http://www.be-kyoto.jp/access/index.html

上京区民まちづくり支援事業「デジタルアーカイブで区民参加のまちづくり」

photo

100年先にも残したい上京の魅力をデジタルデータで記録する壮大なプロジェクト。

「なつかしの写真」&「思い出の品」を大募集―。

ご挨拶

上京区を語る写真などを通して、魅力ある共有財産づくりに貢献することを目指し実施いたします。上京区を支えてきた企業の代替わり、近隣空き家率の増加、街並みの変化が著しいことを受け、後世に残すべき財産(=風景・生活文化など)を今こそデジタル化したいと考え立案いたしました。
近年アーカイブ化は注目を集めていますが、この事業の特徴は、区民などから昔の写真のみならず、写真以外のもの、例えば軸や茶碗、看板などの生活文化も撮影しデジタル化する点です。

年度末にはデジタル化したデータをもとに交流上映会を開催。
アーカイブ化したデータは上京ふれあいネットサイト「カミング」と連携し公開する予定です。
これまで学びや育成を中心に活動をしてきたことを活かし、後世へつなぐ育成資料として未来へつないでいきたいと考えております。御協力の程宜しくお願い申し上げます。

募集内容 ・上京区の昔の写真(昭和以前の風景、生活文化が伝わるもの)
・受け継がれてきた道具や思い出の品、それらの写真など
受付方法 3パターンあります。お好みの方法で御協力お願い致します。
①郵送
②持参
③データ送信(メール受付)
郵送・お問合せ先 〒602-0064 京都市上京区安楽小路町429-1 be京都行
TEL075-417-1315 
メール送信先 info@be-kyoto.jp
ご持参先 上京区新町通上立売上る安楽小路町429-1
(同志社新町キャンパス南側・コンビニヤマザキを一本西入る上る)
マップ 
募集期間 【店頭受付】 11月11日(土)~15日(水)11時~16時
【メール受付】 11月1日~11月20日
【郵送受付】 11月1日~11月20日
※管理の都合で期間を限定させていただいております。ご了承くださいませ。
申込時記載事項 提供して頂く方のお名前
ご連絡先住所
電話番号
メールアドレス

写真や品物の
・撮影年代
・撮影場所または内容(例:一条戻橋から見た市電)
・内容・コメント(当時はこんな思いでこの景色の中遊んでいた、今はこんな風にかわっているよなど自由にご記入ください)
費用 無料
基本的には無料ですが、出張の場合は距離、内容に応じて別途費用が発生する可能性がございます。なお、撮影後のデータ渡しやプリントは別途有料にて承ります。
お寄せいただいた資料について 集まった写真や品物を全てデータ化し、整理・保管致します(=アーカイブ化)。2018年3月頃交流上映会を予定。ご提供してくださったみなさまのお名前もご希望があれば記載いたします。上京ふれあいネットサイト「カミング」と連携し公開予定。
詳細が確定次第ご案内させていただきます。
資料のご返却は、撮影が必要なものは終了後のご返却となります。
「デジタルアーカイブ」とは 文化・歴史資産を、高精度かつ保存・再現性にすぐれたデジタルデータで記録し、整理・保管すること。
主催 be京都エデュケーションプロジェクト
採択 平成29年度上京区民まちづくり支援事業
町家水族館